PROCESSING EXAMPLE

加工事例

【モーター用冷却ユニット】冷却効率を向上

モーター用冷却ユニット|金属・樹脂 直接接合ラボ

                               
製品名 【モーター用冷却ユニット】冷却効率を向上 業界 産業電気製品
樹脂材質 PPS(ポリフェニレンサルファイド) 金属材質 Cu
用途 機能部品 表面処理方式 レーザー処理, 化成処理
接合方式 インサート成形接合 製品付加特性 接合強度向上, 放熱性能UP

当事例の特徴

モータのコア外周を冷却するユニットとなります。
放熱効果の高いアルミを使い、枠部を樹脂で一体化することで冷却効率の高いユニットの製作が可能となります。

 

当社の提供するサービス

「金属 樹脂 直接接合ラボ」では、金属と樹脂の新しい接合技術「ALTIM®(アルティム)」を用いて、金属と樹脂の接着・接合のおける課題を解決します。
強度、防水性や気密性といった品質、コスト、製造リードタイムなどのお悩みをお持ちのお客様は、お気軽にご相談ください。
また、組み合わせたい金属と樹脂がございましたら、ぜひお問い合わせください。試験片作成も承っております。

>> 関連トピック「金属と樹脂の接合技術 ALTIMアルティム®の性能について」
>> 関連トピック「インサート成形とインサート成形接合との違いとは?」

お問い合わせはこちら

カテゴリーから探す

すべての加工事例

金属と樹脂接合の試作・
技術的なご相談はこちらから