PROCESSING EXAMPLE

加工事例

万年筆

万年筆|金属・樹脂 直接接合ラボ

万年筆|金属・樹脂 直接接合ラボ

                               
製品名 万年筆 業界 その他
樹脂材質 PC(ポリカーボネート), ABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン) 金属材質 各種メッキ
用途 意匠部品 表面処理方式 レーザー処理, 化成処理
接合方式 加熱圧着直接接合「ALTIM®」, インサート成形接合 製品付加特性 接合強度向上

当事例の特徴

万年筆のペン先とペン芯部を加熱圧着にて接合した事例です。万年筆において、ペン芯はインキ漏れやインキ流量をコントロールする機能をもちますが、微妙な力でペン先を抑えていたり、インクの出やすい位置に調整してあったりするため、安易にペン先/ペン芯を分解できません。分解すると書き心地やインクの出方が変わってしまい、また破損にもつながるため、直接接合にて分解できないようにしています。従来は、はめ込み式、もしくは接着剤にて留めておりましたが、ALTIM(アルティム)接合に工法を変更することで、生産性向上を実現しています。

 

当社の提供するサービス

金属 樹脂 直接接合ラボでは、自社の独自技術である加熱圧着接合により、従来は難しいとされてきた仕様の樹脂・金属の直接接合を実現できます。さらに、接着剤接合と比較し生産工程が少なく、各サイクルも短いため、生産性向上が可能となります。樹脂・金属の接合にお悩みや課題をお持ちの皆様、是非お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

カテゴリーから探す

すべての加工事例

金属と樹脂接合の試作・
技術的なご相談はこちらから