CASE STUDY

加工事例

メガネのヒンジ部 (穴無し小型蝶番と樹脂フレームを接合)

メガネのヒンジ部|金属・樹脂 直接接合ラボ
メガネのヒンジ部|金属・樹脂 直接接合ラボ
                               
製品名 メガネのヒンジ部 (穴無し小型蝶番と樹脂フレームを接合) 業界 その他
樹脂材質 PC(ポリカーボネート) 金属材質 Ti
用途 意匠部品 表面処理方式 レーザー処理, 化成処理
接合方式 加熱圧着接合(ALTIM) 製品付加特性 部品点数削減, 高意匠性

当事例の特徴

当社独自の加熱圧着接合を用いて、眼鏡の蝶番と樹脂フレームを接合した事例です。ポリカやナイロン等の樹脂フレームと金属の蝶番をネジを用いずに接合するため、部品点数削減による軽量化、工数削減につながります。また、ネジの場合は緩みのリスクがありますが、直接的に接合しているため緩み等のリスクがなく、品質向上を実現できます。ALTIM(アルティム)接合は小ロット生産でも活用しやすく、また生産サイクルも短いため、投資対効果の高い接合方式だといえます。

当社の提供するサービス

金属 樹脂 直接接合ラボでは、自社の独自技術である加熱圧着接合(ALTIM)により、従来は難しいとされてきた仕様の樹脂・金属の直接接合を実現できます。さらに、接着剤接合と比較し生産サイクルが短いため、生産性向上が可能となります。樹脂・金属の接合にお悩みや課題をお持ちの皆様、是非お気軽にご相談ください。

カテゴリーから探す

すべての加工事例

金属と樹脂接合の試作・
技術的なご相談はこちらから