PROCESSING EXAMPLE

加工事例

【防水端子】封止性能を向上

防水端子 (電池ケース)|金属・樹脂 直接接合ラボ

防水端子 (電池ケース)|金属・樹脂 直接接合ラボ

                               
製品名 【防水端子】封止性能を向上 業界 産業電気製品
樹脂材質 PBT(ポリブチレンテレフタレート) 金属材質 各種メッキ
用途 機能部品 表面処理方式 レーザー処理
接合方式 インサート成形接合 製品付加特性 部品点数削減, 封止性向上, 軽量化

当事例の特徴

電池ケースの端子部(ニッケルや金のメッキ品)の縁と樹脂筐体部を接合した防水端子サンプルです。
加熱圧着直接接合「ALTIM®」もしくはレーザーで金属表面処理を加える「インサート成形接合」によって、金属と樹脂界面の封止性能を向上します。シリコン・パッキンを使用しないため、部品点数削減、軽量化も実現できます。

 

当社の提供するサービス

「金属 樹脂 直接接合ラボ」では、「ALTIM®(アルティム)」のレーザー技術を使った「インサート成形接合」により、封止性能が求められる金属・樹脂接合を実現しています。
また、インサート成形接合の他、加熱圧着直接接合「ALTIM®(アルティム)」での直接接合も可能です。

これら2つの直接接合技術を活用することで、高気密な性能を求められる電池部品の金属・樹脂接合が可能です。
防水性を担保する最適な接合方法がわからないというお悩みをお持ちのお客様は、お気軽にご相談ください。
また、組み合わせたい金属と樹脂がございましたら、ぜひお問い合わせください。試験片作成も承っております。

>> 関連トピック「金属と樹脂の接合技術 ALTIMアルティム®の性能について」
>> 関連トピック「インサート成形とインサート成形接合との違いとは?」

お問い合わせはこちら

カテゴリーから探す

すべての加工事例

金属と樹脂接合の試作・
技術的なご相談はこちらから