PROCESSING EXAMPLE

加工事例

【ものさし】スポット接合で反りを回避

ものさし|金属・樹脂 直接接合ラボ

                               
製品名 【ものさし】スポット接合で反りを回避 業界 その他
樹脂材質 PC(ポリカーボネート) 金属材質 AL
用途 機能部品 表面処理方式 レーザー処理
接合方式 加熱圧着直接接合「ALTIM®」 製品付加特性 高意匠性

当事例の特徴

金属と非晶性樹脂を組み合わせた複合スケールの加工事例です。
透明樹脂を使用することで紙面が透けて見えるため使いやすく、アルミを用いることで丈夫というメリットを提供しています。

レーザーで金属表面処理を加える「インサート成形接合」で非晶性樹脂と金属を接合すると、線膨張係数に差があるため樹脂が反りやすく、品質低下のリスクが発生します。しかし、加熱圧着直接接合「ALTIM®」を用いれば、スポット接合が可能なため、反りのリスクを回避することができます。

 

当社の提供するサービス

「金属 樹脂 直接接合ラボ」では、金属と樹脂の新しい接合技術「ALTIM®(アルティム)」を用いて、通常のインサート成形では難しいとされる非晶性樹脂と金属の一体化が可能です。
インサート成形でお悩みをお持ちのお客様は、お気軽にご相談ください。
また、組み合わせたい金属と樹脂がございましたら、ぜひお問い合わせください。試験片作成も承っております。

>> 関連トピック「金属と樹脂の接合技術 ALTIMアルティム®の性能について」

お問い合わせはこちら

カテゴリーから探す

すべての加工事例

金属と樹脂接合の試作・
技術的なご相談はこちらから