CASE STUDY

加工事例

タブリード

タブリード|金属・樹脂 直接接合ラボ
タブリード|金属・樹脂 直接接合ラボ
                               
製品名 タブリード 業界 電池
樹脂材質 PP(ポリプロピレン) 金属材質 各種金属
用途 機能部品 表面処理方式 レーザー処理
接合方式 加熱圧着接合(ALTIM) 製品付加特性 封止性向上

当事例の特徴

加熱圧着接合はラミネート型リチウムイオン電池等に使用されているリード線(タブリード)などの製作でも活用できます。
従来は金属層・接着層・樹脂層に熱をかけて圧着さしていましたが、接合不良が発生するリスクや加熱及び圧着時間が長く
製造の総リードタイム長期化という課題がありました。
当社は、接着層を用いず、独自の加熱圧着技術により、金属導体とラミネートフィルム同士を瞬時に直接接合することで
高強度化を実現しています。フィルムはt0.2mmと薄く、従来直接接合が難しいとされていましたが、当社の加熱圧着接合はフィルムの直接接合が可能であり、タブリードの製造に応用しました。

当社の提供するサービス

金属 樹脂 直接接合ラボでは、本件のようにALTIM(アルティム)接合により、樹脂フィルムと金属の直接接合が可能です。樹脂フィルムを接着材で接合することにより課題をお持ちの皆様、お気軽に当社にご相談ください。

カテゴリーから探す

すべての加工事例

金属と樹脂接合の試作・
技術的なご相談はこちらから