CASE STUDY

加工事例

インサート成形による防水コネクタ

防水コネクタ|金属・樹脂 直接接合ラボ

角型ピンにALTIMのレーザー処理を施します。

インサート成形による防水コネクタ

左は通常のインサート成形によるコネクタ。右は金属にレーザー処理をした防水コネクタ。

                               
製品名 インサート成形による防水コネクタ 業界 産業電気製品
樹脂材質 PPS(ポリフェニレンサルファイド) 金属材質 真鍮, 各種メッキ
用途 意匠部品, 構造部品 表面処理方式 レーザー処理, 化成処理
接合方式 インサート成形 製品付加特性 封止性向上

当事例の特徴

本製品は、金属端子の接合面にレーザー処理をし、インサート成形により樹脂と一体化した防水コネクタです。
従来は接着材での接合が多かった防水コネクタですが、接着剤からインサート成型接合に工法変換することで、製造リードタイムの短縮が可能となります。
また、接着材などの消耗品が不要となりランニングコストを低減。
水漏れ、気体漏れを起こさないため、自動車や産業機器など、防水性・気密性が求められる業界で活用できます。

工法イメージ

インサート成形による防水コネクタ

実験イメージ

 

当社の提供するサービス

金属 樹脂 直接接合ラボでは、インサート成形だけではなくALTIM(アルティム)接合による金属・樹脂の接合で皆様に納期、コスト、品質面でメリットを提供いたします。試作をはじめとした小ロット生産に強みを持ちます。小ロットの金属・樹脂接合にお悩みをお持ちの方、お気軽に当社にご相談ください。

カテゴリーから探す

すべての加工事例

金属と樹脂接合の試作・
技術的なご相談はこちらから