PROCESSING EXAMPLE

加工事例

【ドローン】ボルトレスで金属と樹脂を接合

ドローン|金属・樹脂 直接接合ラボ

ドローン|金属・樹脂 直接接合ラボ

                               
製品名 【ドローン】ボルトレスで金属と樹脂を接合 業界 輸送・宇宙
樹脂材質 CFRTP(熱可塑性CFRP) 金属材質 AL
用途 機能部品 表面処理方式 レーザー処理
接合方式 加熱圧着直接接合「ALTIM®」 製品付加特性 接合強度向上, 軽量化

当事例の特徴

ドローンのアルミ筐体と樹脂製のアーム部を直接接合する加工事例です。
高強度・軽量なCFRTP(熱可塑性CFRP)では、射出成型で生産ができず、インサート成形による一体化が不可能なため、接着剤やネジやビス止め、ボルト・リベット締結により接合されていました。しかし接着剤では接合強度に課題が残り、ネジやボルトを使用した場合は部品落下などによる品質低下が課題となります。

「金属 樹脂 直接接合ラボ」が提案する加熱圧着直接接合「ALTIM®(アルティム)」を用いれば、CFRTPとアルミとの直接接合ができ、上記の課題をクリアすることが可能です。
長距離飛行が求められるドローンにおいては、軽量化ニーズが高まりCFRTPを活用したいというご要望もいただいていますが、ドローンだけではなく、軽量化と高強度が求められる産業・工業分野での応用も可能です。

 

当社の提供するサービス

「金属 樹脂 直接接合ラボ」では、金属と樹脂の新しい接合技術「ALTIM®(アルティム)」を用いて、金属と樹脂の接着・接合のおける課題を解決します。
強度、防水性や気密性といった品質、コスト、製造リードタイムなどのお悩みをお持ちのお客様は、お気軽にご相談ください。
また、組み合わせたい金属と樹脂がございましたら、ぜひお問い合わせください。試験片作成も承っております。

>> 関連トピック「金属と樹脂の接合技術 ALTIMアルティム®の性能について」

お問い合わせはこちら

カテゴリーから探す

すべての加工事例

金属と樹脂接合の試作・
技術的なご相談はこちらから